有担保の事業ローンについて


有担保の事業ローンというのは、借り入れの条件として借りる金額と同等の不動産などの担保を提供することです。

万が一、借入金が返せないという状況になった時に担保を使ってその借入金を弁済するというものです。

有担保事業ローンのメリットは、金利が安く借入額の上限が高いということです。

大きな借入金をする場合に、借り入れの金利がものすごく大事になります。

事業ローンが2種類あるとします。

金利はそれぞれ年5%と年8%です。

金利差は3%ということになりますので、数字だけ見ると差は無いように思えるかもしれません。

しかし実際の支払い額で見ると、5000万円・10年返済の条件であれば、一年に返済する金額は5%で642万円、8%で732万円と、90万円もの開きが生じます。

金利は少しでも安くする事が、事業ローンを組む時の大きなポイントになります。

事業ローンを申し込む場合には、借りることが出来るかどうかの審査があります。

すでに開業している場合は、直近の決算書の提出をする必要があります。

事業ローンを借りて開業資金にするつもりであれば、事業計画書を提出することが必要です。

ローンの金利の数字や審査の内容などは、事業ローンを提供している金融機関によってさまざまに異なりますので、注意が必要です。

まず事前の情報収集をしっかりと行い、ローンの内容どうしをしっかりと比べて検討し、事業ローンを借りるようにしてください。